ご希望のお弁当/食材の種類から探す
配食のふれ愛は、原材料にこだわり抜き、ご高齢者様向けに味付け、栄養バランスなどに配慮した美味しいお弁当を毎日、日替わり献立でお届けします。
HOME > コラム一覧 > 便秘で悩む高齢者の特徴や排便の仕組みと原因 / 更新日:2019年4月10日
資料請求 電話受付
HOME > コラム一覧 > 便秘で悩む高齢者の特徴や排便の仕組みと原因 / 更新日:2019年4月10日
【毎月更新!】コラム 最新記事一覧へ戻る

便秘で悩む高齢者の特徴や排便の仕組みと原因

作成日:2019年4月10日

こんにちは!配食のふれ愛のコラム担当です!
栄養バランスのよい食事をとりたい方へ、お弁当の無料試食はこちらから!

便秘で悩む高齢者の特徴や排便の仕組みと原因

便秘で悩む高齢者は非常に多く、その原因もいろいろです。下剤を使用した排便コントロールがうまくいかないと、本人の苦痛はもちろんですが、介護者にとってもストレスとなることがあります。排便の仕組みと原因について知り、便秘の改善策を探りましょう。

便秘とは

便秘の症状は、排便回数の減少や排便時の不快感、腹痛や腹部膨満感などいろいろありますが、その感じ方や症状の強さには個人差が大きくあります。必ずしも毎日排便がなくても、本人に苦痛がなく定期的に良い排便があれば便秘ではないといえますし、毎日排便があっても残便感があったり、排便時に苦痛がある場合は便秘といえるかもしれません。

機能性便秘

胃や小腸、大腸、肛門などの機能低下が原因の便秘を機能性便秘といいます。その原因は生活習慣やストレス、加齢などさまざまです。機能性便秘は一過性の便秘と習慣性便秘に分けられ、習慣性便秘はさらに3つの種類に分けられます。

・弛緩性便秘

大腸は蠕動運動(イモ虫のような動き)によって便を直腸へ送っています。この蠕動運動が弱くなって便がなかなか直腸まで運ばれなかったり、筋力の低下によって便を押し出す力が弱くなることで便秘となります。大腸に長く便がとどまるため、水分が余計に吸収されて硬い便になることが多く、排便時に苦痛が生じることもあります。

・けいれん性便秘

大腸のけいれん性収縮によって、蠕動運動が乱れて起こる便秘です。精神的・心理的な要因が影響し、自律神経のバランスが乱れることが原因と考えられます。下痢と便秘を交互に繰り返したり、コロコロと硬い便が出ることがあります。

・直腸性便秘

便が大腸から直腸へ送られると便意を感じます。そこでトイレに座っていきめば排便されるのですが、便意を我慢する習慣があると、便が直腸へ入っても便意が起こらなくなってしまいます。便意があったときにすぐにトイレに行けないような環境にいる人がなりやすい便秘です。

器質性便秘

大腸がんや大腸の手術後の癒着、潰瘍性大腸炎、腸閉そくなどが原因で、腸の中に障害物があるために、便が腸内をスムーズに通れずに起こる便秘です。この場合は疾病の治療が最優先となります。

症候性便秘

大腸の病気に限らず、全身疾患の症状のひとつとして起こる便秘です。ホルモンの影響や神経疾患でも起こることがあります。

薬剤性便秘

薬の中には、副作用として便秘が現れるものがあります。パーキンソン病治療薬、抗うつ剤などの抗コリン作用剤、がんの疼痛に対する麻薬、制酸剤、カルシウム剤などがありますが、服用を中止できない場合があるため、便秘の解消には医師の指示を受けることが必要です。

排便の仕組み

口から食べた食べ物は便となって体外に排出されます。健康であれば、何を食べてもほとんど同じ状態の便が排出されます。便が作られる仕組みと、排便の仕組みについて知っておきましょう。

便はどうやってできるのか

口から食べた物は食道を通って胃に入ります。非常に大雑把にいうと、胃で消化液によって分解され、小腸で必要な栄養素が吸収されます。残りの水分や食物繊維などが大腸へ流れ込み、大腸を通りながら水分と電解質が吸収されたあと、残った塊が便となって排出されます。大腸に入るときの便は液体の状態です。

そのため便の硬さは、大腸を通過する時間によって変化します。大腸を短い時間で通過したときの便は緩く、大腸に長い時間停滞している便は水分の吸収が進み硬い便になります。

排便するまで

大腸で水分を吸収された便が直腸まで到達すると、肛門の2種類の筋肉によって排便までを調整しています。

大腸に接している内肛門括約筋は自律神経がその働きをコントロールしていて、自分の意志で動かすことはできません。内肛門括約筋の外側にある、外肛門括約筋は手足の筋肉と同じで自分で締めることができます。

内肛門括約筋は普段は締まっていますが、肛門付近へ便が下りてくると緩みます。そのときに感じる便意によって外肛門括約筋が締まり、便がもれ出るのを防ぎます。

排便の時

便を出すときには、2つの力が必要です。ひとつは直腸が蠕動運動によって便を押し出そうとする力です。これが便意につながります。もうひとつがいきむ力です。いきみは肛門に向かって便を絞り出す力で、横隔膜や腹筋の筋力が必要です。

便意を感じた時にいきみを加えることがスムースな排便のために必要ですが、その時にもうひとつ大切なのが姿勢です。便器に座りやや前かがみの姿勢になると、いきんだ力が効率よく肛門に伝わります。

逆に考えると、寝たきりであったり座位が不安定な場合は、この座っていきむことができないために、排便が困難になる可能性があるといえます。

便秘で悩む高齢者の特徴と原因

もともと便秘には女性ホルモンが影響していることもあり、若いころから女性の方が便秘になりやすいといえますが、60歳を超えると男性の便秘も増加します。

食事や水分の摂取量が少ない

食事の量が減れば、便の量も減ります。また摂食嚥下機能の低下によって食物繊維の多い野菜類などが食べにくくなることも、便量が少なくなる要因といえます。

トイレが近くなるという理由で水分を控える高齢者も多いですが、これも便が硬くなる要因のひとつとなりますし、適度な油脂の摂取も必要です。

筋力の低下

加齢に伴って筋力が低下するのは足腰だけではありません。直腸や肛門周辺の筋肉やいきむときに腹圧をかける腹筋や背筋の筋力が低下することで、排便に困難が生じることがあります。特に車いすの生活や寝たきりの場合に筋力の低下は顕著となり、慢性の便秘になりやすいといえます。

腸内環境の変化

人間の腸内には約1000種類、100兆~1000兆個の細菌が棲んでいるといわれています。その腸内細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌に分けられ、最近全体の7割を日和見菌が占めています。腸の中では毎日、善玉菌と悪玉菌の勢力争いが行われていて、日和見菌を善玉菌の味方につけることで、腸内環境が良好に保たれます。

この腸内細菌のバランスも加齢とともに変化していて、乳幼児期に100億個以上棲んでいたビフィズス菌は60歳には100分の1ほどの数に減少しています。これは加齢に伴う自然現象でもありますが、腸内環境は食事の内容や摂り方によって大きく変化します。また適度な運動も、腸内環境の活性化に良い影響があることがわかっています。

服薬の影響

疾病の治療のために服用している薬が、便秘の原因となっていることがあります。下表の薬を服薬している場合は、かかりつけの医師に相談しましょう。表にはない種類の薬にも、便秘の副作用があるものもあります。気になるときは医師、薬剤師に相談してみましょう。

便秘の副作用がある薬の種類 便秘を起こす理由
麻薬系の鎮痛剤(モルヒネ)
鎮咳薬(コデインリン酸塩水和物)など
腸の蠕動運動を抑制する
抗コリン約(気管支拡張剤、鎮痛剤など)
抗ヒスタミン薬、抗パーキンソン病薬
抗うつ薬、向精神病薬、抗不整脈薬
消化管の緊張を低下させる
降圧剤(カルシウム拮抗薬) 消化管の運動を低下させる
制酸剤、鉄剤、収れん薬(ビスマス製剤)など 収れん作用(皮膚や粘膜のたんぱく質と結合して、保護膜を作る作用)により、粘膜への刺激が弱くなり腸の蠕動運動を抑制する

大腸がんの可能性

大腸がんは40~50歳代で増え始め、高齢になるほど罹患率は高くなります。初期の大腸がんでは、目立った症状が便秘の他にないことも多く見過ごされてしまうことがあります。排便間隔や便の状態に変化があった場合は、かかりつけの医師に相談しましょう。

便秘に伴うトラブル

便秘によって、いろいろな不快症状が起こる可能性があります。その不快症状によって他のトラブルを引き起こし、QOL(生活の質)にも影響を及ぼすことがあります。

便秘が原因で切れ痔を併発することはよくあります。排便の際に強くいきむことで、肛門の内側の皮膚が裂けてしまってできる傷が切れ痔です。出血が伴い、切れ痔が発症する部分には神経が通っているので、排便のたびに痛みを感じます。

切れ痔が慢性化するとポリープができたり、肛門が狭くなってしまう「肛門狭窄」という状態になることもあります。そうなるとさらに排便が困難となって、治療には手術が必要です。再発を防止するには切れ痔の治療だけではなく、便秘の改善も重要となります。

排便時の出血が常習化していると、切れ痔が原因の出血だと思い込んで放置するケースがありますが、血便は他の病気のサインの可能性もあります。血便があった場合はかかりつけの医師に相談し、検査を受けることも必要です。

食欲不振

便秘が原因となって、胃痛や胃もたれ、胸やけ、嘔気などの症状があらわれることがあります。このような不快症状があることで食欲が減退し、体重減少や体力の低下、免疫力の低下などを引き起こし、他の疾病につながる可能性も高まります。

イライラやうつ症状

お腹にガスがたまっているように感じたり、お腹が張る、下腹部が痛い、便意はあるのに出ない、便は出ても残っている気がするなど、寝込むような症状ではないけれど腹部に常に不快感があったり、排便は少量ずつでも頻回に便意を感じる、下剤の服用によって便が緩くなってしまうなど、トイレにいつでも行ける環境でないと不安を感じるような状態になると、外出もままならずイライラしたり憂鬱な気分になったりすることがあります。

臭いが気になる

頻回便や下剤による反応便、ガス(おなら)が出るなどの症状から、自分から嫌な臭いがしているように感じてしまうことがあります。外出したり、人と会ったり話したりすることに不安を感じるようになり、家にこもりがちになることもあります。活動量が減少して便秘にも悪循環が生じたり、QOL(生活の質)の低下につながる可能性もあります。

すぐに試せる改善策は

便秘改善のために試したい方法はとてもたくさんありますが、まずは簡単にできることから始めてみましょう。

食事と水分

1日3食をできるだけ決まった時間に食べましょう。特に朝食は必ず摂り、できれば朝食のために少し早起きをして、ゆったりとした朝食の時間を作りましょう。

便の量(かさ)を増やすために食物繊維欠はかせません。野菜や海藻、豆、果物など、バランスよく食べましょう。摂食嚥下機能に低下がある場合は、野菜ジュースや玄米を混ぜたお粥などでも食物繊維が摂れます。

ヨーグルト、ぬか漬け、納豆、みそなどの発酵食品も毎日少しづつ取り入れましょう。

高齢者は日常的に水分摂取が不足しているケースが多いので、意識的に水分を多く摂ることが必要です。寒天を使ったゼリーは水分と食物繊維を同時に摂れるので、作り置きをしておき、1日に数回に分けて食べるのも効果的です。野菜をたっぷり入れた具だくさんのみそ汁は野菜とみそと水分が一緒に摂れます。みその塩分には少し気をつけながら、毎日摂りたい献立です。

決まった時間にトイレに座る

朝食後は決まった時間にトイレに座りましょう。便意がなくてもトイレに座ってみます。姿勢にも注意をして前かがみの姿勢で座りましょう。ロダンの「考える人」の座り姿勢が理想の排便姿勢といわれています。

安定した排便姿勢を作るためには足を接地し、膝の位置が股関節よりやや上方になるようにします。踏み台や雑誌などを縛ったものを置いて足の高さを調節しましょう。

前傾の姿勢を維持するために大きめのクッションを抱えたり、便器の前に両肘を乗せることができるような台やテーブルなどを置くことができれば、上半身が支えられて姿勢が安定します。

便秘のツボ

便秘には適度な運動も欠かせませんが、高齢者にとって最もとっつきにくいのが運動ではないでしょうか。そこで初めは、便秘に効くといわれるツボ押しから始めてみましょう。ツボを押すことで血行もよくなり、身体を動かす準備運動にもなります。ツボ押しに慣れてきたら、少しずつストレッチなども取り入れてみましょう。

ロート製薬のホームページに、便秘に効くツボがまとめられています。読み進めると簡単な体操やマッサージも紹介されているので、ぜひ試してみましょう。
https://jp.rohto.com/learn-more/benpi/tsubo/

まとめ

便秘の原因はひとつとは限らず、複数の要因が重なって起きていることも多いため、食事や運動、生活習慣など多方面からのアプローチが必要です。重症化すると日常生活にも様々な悪影響を及ぼすことがあるので、慢性化した便秘の場合はかかりつけの医師に相談しましょう。

関連記事

記事一覧へ戻る>